小泉進次郎のホテル密会の相手は?純一郎ポスターもエムズクリエ表記?

2019年12月25日 16時0分に
「文春砲」として
小泉進次郎氏の政治資金問題が
報じられました。

ちょうど同日に収賄容疑で
10年ぶりとなる現職国会議員の逮捕だと、

秋元司議員の逮捕が封じられたばかりでした。

しかも今回のお金の問題は
架空の会社に
プライベート用途のお金が
流れていたということです。

どんなポスターなのか気になり
調べてみました。

スポンサードリンク

ニュースの概要

こちらが、封じられていたニュースの概要です。

小泉進次郎環境相(38)の資金管理団体「泉進会」および、小泉氏が代表をつとめる「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」から4300万円以上の政治資金が、実態のない“幽霊会社”に支出されていることが「週刊文春」の取材でわかった。税金を原資とする政党交付金も支出されており、小泉環境相の説明が求められそうだ。

ざっくりまとめると

  • 小泉進次郎氏の資金管理団体と自民党からの資金
  • 実態のない会社への支出
  • 税金でもある政党交付金も含まれている

ということですね。

期間はいつからいつまで?

2012年から2018年までの期間に
ポスター代や印刷代などの名目で

約4300万円が支出されていました。

この資金の出どころは、以下の2つの団体です。

  • 「泉進会」(小泉進次郎氏の資金管理団体)
  • 「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」
    (小泉進次郎氏が代表をつとめている団体)

支払先は実在しない?

週刊文春が取材した情報によると
エムズ社の所在地とされる
千葉県野田市には

  • エムズ社の表札なし
  • 地方法務局にもエムズ社の法人登記なし

ということで、
実態の存在しない会社であることが判明しており
「幽霊会社」という表記がされていました。

4300万円以上の政治資金が、
実態のないエムズ社に支出されていたとなると
週刊文春の「文春砲」の威力がすごそうです。

一番問題なのが
この資金源には政党交付金
(=税金を原資とする資金)も
含まれているということです。

税金が使われていたとなると
軽いスキャンダルでは済まなそうです。

スポンサードリンク

ポスターに「エムズ」の明記が?

週刊文春も小泉進次郎氏の
選挙ポスターへの「エムズクリエ」の文字を
掲載していましたが

本当かな?と思い、
「小泉進次郎」「ポスター」で検索してみました。

いっぱい出てきます。

画質のいいものが出てきたので
拡大してみました。

ほい!

エムズクリエと確かに記載があります。

小泉純一郎のポスターは?

小泉進次郎氏のポスター印刷が
架空の会社だとすると

父の小泉純一郎氏のポスターは
どこの会社が印刷しているのか気になってきました。

小泉純一郎氏の
ポスターは見つかりました!

ですが流石に古いものなので、
拡大しても印刷会社の文字は見えませんでした。

とはいえ
お金の流れている期間は
2012年から2018年。

その期間を考えると
小泉純一郎氏のポスターは
該当していないとは思います。

一度「印刷会社」と出ると
他の政党の印刷会社も気になってきますね。

スポンサードリンク

該当期間のホテル密会スクープは?

過去の期間に含まれる
2015年8月10日に

小泉進次郎氏は週刊誌に
女性関係を封じられています。

この女性は進次郎の秘書だった30歳の復興庁の元職員。1年ほど前まで夫と短い結婚をして離婚したバツイチ女性だ。

引用:https://www.excite.co.jp/

この時のお相手は、
バツイチ女性ということでしたので
今回の報道の渦中の人物ではなさそうです。

スポンサードリンク

密会相手の女性についての情報は?

今回報道されたホテル密会のお相手は
「不倫関係」であると週刊文春は封じています。

滝川クリステルさんかわいそう…
とまず思ったところでしたが

どうやらダブル不倫のようで
お相手も人妻ということでした。

密会相手の女性は、実業家の妻で
この女性との関係をもつための
ホテル代が

架空の会社「エムズクリエ」によるものなんですね。

なるほど・・

2019年12月25日の報道では
こういう「さわり」の情報のみでしたので
今後の続報で詳細が報道される予定です。

スポンサードリンク

報道を読んで湧いた疑問

今回は架空の会社「エムズクリエ」に
お金が流れていたということですが

架空の会社であっても
堂々とポスターに名称を記載しているのが
気になるポイントですね。

こそこそとせずに記載をしてるということで
今後の小泉進次郎氏としての予想できる
架空会社への資金移動についての回答は

  • 「秘書が勝手にやっていたこと」
  • 「後援団体がやっていたこと」

ということがありそうです。

でも、問題はお金の用途ですよね…。

こちらについてはどう反応して反論をしていくのか
続報を待ちたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする