即位正殿の儀で虹!晴れた!画像や動画は?何時頃?(そくいせいでんのぎ・令和)

2019年10月22日に行われた
「即位正殿の儀」。

あいにくの雨模様でしたが
即位正殿の儀が始まった途端、

雨が止み・・・

なんと、虹のアーチが
東京にかかる!という
とても神々しいできごとがありました。

Twitterも賑わせた
この出来事をまとめました。

スポンサードリンク

即位正殿の儀で虹!

即位正殿の儀の前日から
雨が降り続いていた関東地方。

即位正殿の儀の当日の
10月22日には、

新時代の到来を祝うかのように
晴れ間が見え、虹がかかりました!

https://twitter.com/KOUSUKE_TRADER/status/1186505345503383552

「永遠の0」などで知られる
百田尚樹さんもコメントしていました。

本当、タイミングを合わせたように
空が晴れて虹がでたので

「天照大神(あまてらすおおみかみ)」を
思い出した人も多いことでしょう。

スポンサードリンク

虹が出たのは何時頃?

Twitterをたどると、
虹がでたのはまさに

即位正殿の儀の開始時間の
午後1時ごろでした。

このTwitterでポツポツみられていた
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)というのは、
三種の神器の一つです。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)という
名称の方が広く知られていますが

三種の神器の中では
天皇の持つ武力の象徴であるとされています。

日本神話においては
スサノオが出雲国で
ヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に
尾から見つかったものです。

https://twitter.com/mewmew333/status/1186506194992525312

各国から集まった要人も
「神に愛されているのでは」と
思ってしまうかもしれないですね。

映画「天気の子」を
思い出した人もいそうです。

スポンサードリンク

晴れた瞬間の動画

こちらが、即位正殿の儀が
始まる瞬間の動画です。

2019/10/22に行われる 「即位正殿の儀」には 内閣総理大臣の安倍晋三首相が 参列しています。 ニュースでは ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする