安倍昭恵夫人(即位正殿の儀)のドレスのブランドはどこ?値段は?袖広で膝丈で白!

2019/10/22に行われる
「即位正殿の儀」には

内閣総理大臣の安倍晋三首相が
参列しています。

ニュースでは
午後0時20分に
安倍晋三首相が宮殿に到着したことを
報道していました。

筆者が気になったのは、
白いドレスの昭恵夫人

なかなか個性的なドレスだったので
どこのブランドなのか調べて見ました。

2019年10月22日に行われた 「即位正殿の儀」。 あいにくの雨模様でしたが 即位正殿の儀が始まった途端、 雨が止み・・・...

スポンサードリンク

安倍昭恵夫人のドレス

宮殿に到着した
安倍明恵夫人のドレスがこちら!

袖が大きく膨らんだ
白いドレスです。

丈も膝上で
「結構細身な方なんだな」と
個人的には驚きました。笑

話題になっているのが、この膝上丈・・・

袖のボリュームと
膝上丈の感じが

かなり特徴的です。

スポンサードリンク

Twitterでは批判殺到…

Twitterでは
「儀式の場で非常識」という
意見もでていました。

座ったときに膝が丸見えになるのは
なかなかこういう場では珍しい存在ですね・・・。

他の参列者たちと並ぶと
このような印象の違いでした。

着物やロングドレスの中、一人だけ
膝が見える丈なのは、悪目立ちしてしまったようです。

スポンサードリンク

安倍昭恵夫人のドレスのブランドは?

安倍昭恵夫人が着ているドレスなら
さぞ高額だろう!と勝手に予想して
このドレスがどこのブランドなのか
調べていこうと思います。

でもヒントが少ない・・・

【ハイブランド ドレス 白 長袖 膝丈】

とかで調べて見ています。笑

今までの着用ドレスは?

今まで着ていたドレスでいうと

訪米中に着用した青いドレスは
日本ブランドの「まとふ(matohu)
がありました。

堀畑裕之と関口真希子が手がける「まとふ」は、和服と洋服の要素を融合したオリジナルの長着など、日本の美意識をベースに服作りを続けているファッションブランド。昭恵夫人は約10年来の顧客でデザイナーとも交流があり、訪米用の衣服を求めて「まとふ表参道本店」に来店した。

引用:https://www.fashionsnap.com/

この「まとふ」のドレスは
あくまでも目安ですが、

オンラインショップを見てみたところ
1着あたり約10万円弱
価格がしていました。

G7サミットのときは、
ツグエダユキエを着ていました。

この服も広い袖ですね。

ファッションデザイナーの
継枝幸枝さんは
オートクチュールを得意としているので

もしかしたら、
今回もオートクチュールかもしれないですね。

訪米で10万円のドレス、
G7でオートクチュールなので…
高い確率でオートクチュールかなと思います。

もちろん、値段も訪米のドレスの
10万円は超えることでしょう。

なお、今回のドレスは
即位正殿の儀に向けて新調したものではなく
2019年8月のアフリカ開発会議でも
身につけていたドレスということです。

以後は情報がわかり次第、
随時更新していきます。

2019年10月22日に行われた 「即位正殿の儀」。 あいにくの雨模様でしたが 即位正殿の儀が始まった途端、 雨が止み・・・...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする